「はだし」になってみること

かつて日本人は、素足に下駄や草履を履いて歩いていました。

しかし、靴を履くのが当たり前になった今日、偏平足が増えている、という指摘が

あります。

偏平足が問題になるのは、形態的な面よりも、疼痛などによって歩行力が低下し、

その結果、運動不足になる、ということです。

偏平足は、土ふまずがあるかどうかという単純なことではありません。

かかとから足先までの骨の湾曲部の高さや角度、そして特に足の裏に一定の角度を

保たせようとする筋肉、靭帯の強さが問題となるのです。

昔の日本人に偏平足が少なかったのは、下駄などを履き、足の指で鼻緒をつまんで

歩くため、足の裏がアーチ状に持ち上げられ、筋肉も鍛えられていたためです。

偏平足を予防したり、治すためには、はだしになって足の裏を刺激し、足裏の筋肉を

鍛えることが重要なのです。

「はだし」で歩くということは、偏平足を防ぐだけではありません。

まず、砂地や芝生、草原などをはだしで歩くと、足の裏の皮膚が刺激され、それが

反射的に足の指などを動かす筋肉などの運動になります。

同時に、足の裏の筋肉ガ強くなる、というだけでなく、その反射的な影響は全身に

及びます。また、直接大地に触れるというスキンシップでの心理的効果もあります。

靴などの圧迫感から解放されたはだしの歩行は、足本来の機能を呼び起こしてくれます。

もちろん短期間では効果がありませんので、できれば、一日20分くらいは、はだしで

歩く習慣をつけたいものです。


posted by はずき at 07:29 | ウォーキングの実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする