シューズの履き方と手入れ法

よいシューズを購入したら、正しく履いて、正しい手入れの仕方
を覚えておきましょう。

ウォーキングでは、踏み込み時やキック時に、つま先を頻繁に
使います。
つま先部分に余裕をもたせて履きましょう。

靴ひもは、シューズを履くときにゆるめておいて、シューズの中で
足の指が動かせるようなゆとりを作りましょう。

シューズを履いたら、かかとで軽く地面を叩くようにして、
かかとをシューズのヒールカウンター部分にきちんと納めます。

そのまま、ゆっくりと体重をつま先に移動し、ウォーキングの
キックの姿勢で足の甲からつま先までを靴ひもでしっかり固定します。



また、布のシューズの場合は、汚れたら洗うようにしましょう。

中性洗剤で汚れを落とし、十分にすすぎます。

洗ったあと、新聞紙などを詰めて、形を整え、風通しのよい日陰で
乾かします。




【ウォーキングシューズの最新記事】
posted by はずき at 09:00 | TrackBack(0) | ウォーキングシューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック