足の手入れ

あまりウォーキングをしたことがなかったり、シューズが合わなかったり
すると、靴ずれ、マメ、タコ、ウオノメ、といった足のトラブルを起こす
ことがあります。


靴ずれやマメを予防するには、きちんとソックスを履いて、なるべく
足にぴったり合ったシューズを選ぶことが大切です。

それでも、おろしたては靴ずれができやすいものです。
当たる部分に前もって、テープを貼ったりして予防しておくと
いいでしょう。

マメやタコができてしまったら、
たとえばウオノメ取り用のばんそうこうなどが市販されて
いますが、自分で手当てする場合は、雑菌が入らないように注意
しましょう。

タコも、ばんそうこうを貼って、柔らかくなったら切り取りますが、
がんこなものは皮膚科などで診てもらいましょう。


また、マメを自分でつぶす人もいます。
その場合、マメをつぶすための針をよく消毒し、
患部をアルコールなどで消毒したあと、マメの表皮のふちに
何箇所か穴をあけて、液体を脱脂綿で吸い取ります。

このとき、なるべく液体を残さないようにします。

消毒液で雑菌の侵入を防ぎ、表皮ははがさないようにします。

絆創膏を貼って保護しておきましょう。



posted by はずき at 09:00 | TrackBack(0) | 基本運動と体のケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック